お葬式の準備は大変
お葬式の準備はどうすればいい?

お葬式での喪主の仕事

喪主というのはお葬式の責任者的な存在なので、準備を行なう際にはとても重要な役割ですし、実際にお葬式が始まってからも取り仕切らなければいけません。しかし、喪主1人で全て行なうのは大変なので、裏方のような役割を行なう人も必要になるのですが、このように裏方の仕事を行なってもらう人のことを施主と言います。施主の仕事はお金に関する仕事がメインになるので、葬儀場などのお金の支払いや受付に関することなどを担当することになるでしょう。

最近では、施主と喪主を分けることは少なくなっており、喪主が施主の仕事も兼任する場合が多くなっています。特に一人っ子で他に身内が全くいない人の場合には、当然喪主となった人が施主の仕事も兼任することになります。そのため、喪主が全てを取り仕切るということも珍しくはありません。喪主は葬式の責任者でもあるので、お通夜の日取りや告別式の日取り、助けてもらう葬儀屋の決定から葬儀場の確保も準備段階で行なう必要があります。

さらにお葬式に呼ぶ人や、親戚などに亡くなったことを知らせる必要もあります。葬儀場では焼香の順番や座席の位置、供花の位置なども自分で決めなければいけません。どのような順番にするのかという点は、葬儀屋のスタッフがアドバイスをしてくれるのですが、スタッフによってはどれだけ丁寧にアドバイスをしてくれるのかが変わるため、最も重要なのが葬儀屋選びなのです。親切で丁寧な葬儀屋を選ぶのと、あまりよくない葬儀屋を選ぶのとでは、負担が全く変わってくると言えるでしょう。

お葬式では、弔電も喪主が読み上げることになるので準備をしておくことが大切です。お葬式が終了しても喪主の仕事は終わりではありません。個々に挨拶をする必要もありますし、清めの塩なども渡さなければいけませんので、大変な面がかなり多くあります。しかも身内が逝去したときから準備が始まっているので、悲しむ暇もないというのが喪主の大変さです。だからこそ事前にきちんと準備をしておくことが大切になりますし、わからないことはしっかりと勉強しておく必要があるのです。

ページの先頭へ戻る